取扱事件


刑事事件

【主な取扱事件】

●公務執行妨害罪、現住建造物等放火罪、住居/建造物侵入罪、公文書偽造・同行使、現時的公正証書原本不実記録、私文書偽造・同行使、強制わいせつ罪、強姦罪、強制わいせつ致傷罪、強姦致傷罪、死体損壊罪、殺人罪、同意殺人罪、傷害罪、傷害致死罪、暴行罪、脅迫罪、業務妨害罪、窃盗罪、強盗罪、強盗致傷罪、強盗殺人罪、詐欺罪、横領罪、業務上横領罪、遺失物等横領罪、器物損壊罪等の刑法犯

 

●覚せい剤取締法違反、麻薬及び向精神薬取締法違反、暴力行為等処罰に関する法律違反、公職選挙法違反、組織的犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律違反、廃棄物の処理及び清掃に関する法律違反等の特別法違反、関税法違反

 

●公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反、青少年の健全な育成に関する条例違反等の条例違反

 

●出入国管理及び難民認定法違反

【活動内容】

●捜査段階(起訴前)の弁護活動

・・・接見(取調等に対する法的助言等)、身柄解放に向けた活動、証拠収集、示談交渉、検察官との折衝

 

●起訴後第一審の弁護活動(裁判員裁判を含む)

・・・保釈請求、公判弁護

 

●控訴審、上告審の弁護活動

 

●再審請求審の弁護活動

 

 

※刑事弁護活動の具体例と弁護士費用の例はこちら